17.10 - 概要 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. データをインポートする前に、データベースに接続します
  2. エクスポートの方法を選択します。 詳細は、エクスポートの方法とオプションを参照してください。
  3. ターゲット環境をテスト システムでエミュレートするために必要な情報をエクスポートします。エクスポートの方法とオプション
  4. 情報をテスト システムにインポートします。必要に応じて、インポート オプションを変更します。詳細は、インポートの方法とオプションを参照してください。
  5. 次の操作を行なって、インポートしたデータを管理します(管理機能を参照)。
    • エミュレーション情報を削除する
    • ファイルを削除する
    • データを別の場所に電子メールで送信する
    • インポートとエクスポート処理のトラブルシューティングを行なう

.mcfファイルは、エミュレーション情報がターゲット システムからエクスポートされると作成されます。 このファイルには、エクスポートで作成された生データ ファイルへのポインタも記録されます。 インポート操作中、これらファイル内のデータは次のテーブルで指定されるデフォルトの格納場所に適用されます。

インポートする項目 インポートのデフォルト格納場所 格納場所の変更
コスト パラメータ SystemFE.Opt_Cost_TableおよびOpt_DBSCtl_Table いいえ
コスト プロファイル データ ディクショナリ いいえ
デモグラフィック エクスポート デモグラフィック ソース はい
実行プラン エクスポートQCD はい
オブジェクト定義 エクスポート データベース はい
RAS SystemFE.Opt_RAS_Table いいえ
統計 データ ディクショナリ いいえ
作業負荷データ エクスポートQCD はい
複数のハッシュ マップ

SystemFE.Opt_Map_Table

SystemFE.Opt_MapRel_Table

いいえ

データベースまたはユーザーの所有者を変更するには、インポート オプションダイアログ ボックスの親データベースボックスを使用します。 QCDを変更するには、インポート オプションダイアログ ボックスのターゲットQCDボックスを使用します。 詳細は、インポートのオプションの変更を参照してください。

格納場所、またはオブジェクトを作成するターゲット データベースを変更するには、インポートウィンドウの名前の変更関数を使用します。ターゲット データベースの名前変更を参照してください。