17.10 - USING句の値の指定 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザーが手動で入力したクエリーやファイルから選択したクエリーに対して、TSETはDUMP EXPLAINまたはINSERT EXPLAINクエリーを実行して実行プラン情報をエクスポートします。 クエリーにUSING句が含まれる場合、TSETは特定のプランを獲得するためのUSING値の入力画面(下図)を表示します。

特定のプランを獲得するためのUSING値の入力

この画面は、選択されている各クエリーに対して、表示された USING句の値を指定するために使用します。

USING変数フィールドには、名前フィールドとデータ型フィールドのデータが表示されます。

  1. USINGクエリー編集ボックスに表示されている各クエリーの列にデータ値を入力します。
  2. 以下のいずれかから選択します。
    • OK句の値が含まれている特定の実行プランをエクスポートする場合は、USINGをクリックします。
    • 汎用の実行プランを獲得する場合は、無視をクリックします。
    • すべて無視句が含まれている他のすべてのエクスポート クエリーの汎用実行プランを獲得する場合は、USINGをクリックします。