17.10 - RASのキー重複に対するエクスポート オプション - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の画面は、RASエクスポートオプションの変更のAMPから獲得オプションで参照されています。

重複ランダムAMPサンプル

選択されたオプションは、その他の重複ランダムAMPサンプルでも利用されます。

オプション 説明
サンプルを削除して再収集 既存の古いランダムAMPサンプル(RAS)を削除し、RASをSystemFE.Opt_RAS_Tableにエクスポートします。 行はエクスポート操作後に削除されます。
Opt_RAS_Tableから既存のサンプルをエクスポート 既存のサンプルをエクスポートします。
無視。このサンプルをエクスポートしない このタグのRASのエクスポートをスキップします。
以後、このダイアログを表示しない このチェック ボックスを選択した場合、次回以降に重複RASエラーが発生しても 重複ランダムAMPサンプル ダイアログ ボックスは呼び出されなくなり、以降のエクスポート操作時に重複RASエラーが検出されると、その解決には、以前に選択したRASエクスポート オプションが使用されます。