17.10 - 失敗したインポート操作の再試行 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
オブジェクト定義をインポートする場合、権限や固定領域の不備など、特定のエラーが発生する可能性があります。 問題が発生した文を再試行するには、SQLステートメント失敗ダイアログ ボックスを使用します。

このダイアログ ボックスは、失敗したSQLステートメント ダイアログを表示するダイアログ ボックスのオプションチェック ボックスが選択されている場合にのみ表示されます。Teradata Databaseエラーを無視するチェック ボックスが選択されているかどうかは関係ありません。詳細は、エラー ハンドリング オプションを参照してください。

  1. SQLステートメント失敗ダイアログ ボックスが表示された場合には、次のいずれかの操作を行ないます。
    • アボートをクリックすると、インポート操作が自動的にアボートされます。
    • 再試行の前に、必要な権限を付与します。
      1. 別のSQL文を入力して、必要な権限を付与します。または固定領域を増やします。
      2. 再試行をクリックします。
    • 他の手段でエラーを修正した場合には、再試行をクリックして、失敗した文を再試行します。
    • 無視をクリックして、エラーを無視し、残りのオブジェクトのインポートを続行します。
  2. 失敗したSQLを非表示にするをクリックして、失敗したステートメントペインを閉じます。