17.10 - ファイル管理の実行 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata SETは、以下のテーブルで説明するようにエミュレーション情報をさまざまな種類のファイルで獲得します。 エクスポート、インポート、およびパック操作中に作成されたファイルはすべて、エクスポート先ダイアログ ボックスのTeradata Databaseからエクスポートで指定したファイルとディレクトリに保存されます。 エクスポートされたすべてのパラメータは、コントロール ファイル(.mcf)に格納されます。このファイルには、次のような機能があります。

  • 選択してエクスポートされた要素(オブジェクト定義など)を追跡する
  • エクスポート プロセスで作成された生データ ファイルへのポインタを記録する
  • バージョン番号、リリース番号、およびターゲットのデータ ソースからシステム情報がエクスポートされた日付と時刻を記録する
Teradata SETファイルの拡張子
ファイルのタイプ ファイル拡張子 このファイルが保存される操作
クリーンアップ ファイル .undo インポート
制御情報 .mcf エクスポート
コスト パラメータ、DBS制御パラメータ、コスト プロファイル .opt エクスポート
デモグラフィック .dem エクスポート
実行プランと作業負荷 .qcd エクスポート
ログ ファイル .log
  • エクスポート
  • インポート
  • 元に戻す(クリーンアップ)
オブジェクト定義 .ddl エクスポート
パック ファイル .pack パック
RAS .ras エクスポート
SQL文 .sql エクスポート
統計 .col エクスポート
サマリー レポート .rpt
  • エクスポート
  • インポート
  • 元に戻す(クリーンアップ)