17.10 - ログオン - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
ODBC接続またはCLIv2接続を使用してデータベースにログオンするには、Teradata SETのコマンド ライン インターフェースを使用します。
  1. 次のコマンド構文を使用して、データベースにログオンします。
    tset [-c|-l] <DSN_or_tdpid>\<username>\<password>
         [-am <Authentication Mechanism>\<Authentication Parameter>]
         [-scs <Session characterset>]
    コマンドでログオン スイッチのみが指定されている場合、xappスイッチに関係なく、接続が確立された後もアプリケーションは開いたままになります。以下の例は、コマンド ラインからログオンする方法を示しています。
    構文例 説明
    tset -c mydsn ODBCを使用して、mydsnという名前のデータ ソースにログオンします。 DSNから必要なログオン情報が参照できない場合、Teradata Databaseダイアログ ボックスが表示されます。
    tset -c mydsn\jeff\padres ODBCを使用して、ユーザー名jeffとパスワードpadresmydsnという名前のデータ ソースにログオンします。
    tset -c mydsn\padres ODBCを使用して、パスワードmydsnpadresという名前のデータ ソースにログオンします。 DSNから必要なユーザー名が参照できない場合、Teradata Databaseダイアログ ボックスが表示されます。
    tset -l mytdpid\jeff Teradata Databaseへの接続ダイアログ ボックスを表示して、パスワードの入力を待機します。その後、CLIv2を使用して、mytdpidというデータベース システムに、ユーザー名jeffで接続します。
    tset -l mytdpid\jeff\padres CLIv2を使用して、mytdpidというデータベース システムに、ユーザー名jeffとパスワードpadresでログオンします。