17.10 - インポートに応じたオブジェクトの指定 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
特定のオブジェクトを選択してインポートできます。 通常、このような操作は部分インポートを実行する場合に行なわれます。
インポートウィンドウでは、次の枠を使用できます。
  • 左側のペイン(インポート ツリー)では、インポートできるデータベース オブジェクト、オブジェクト定義、統計、およびRASを展開表示できます。
  • 右側のペインには、左側のペインで選択したオブジェクトに関する情報が表示されます。

例えば、次の図を参照してください。 左側のペインでオブジェクト定義を選択すると、関連する情報が右側のペインに表示されます。

選択オブジェクトのインポート

  1. インポートウィンドウで、左枠のデータベース オブジェクトの横にあるをクリックしてビューを展開します。
  2. インポートするオブジェクトを選択します。
    オブジェクトの横にあるチェック ボックスは、オブジェクトがインポートに選択されていることを示します。 デフォルトでは、すべてのアイテムの横にチェックマークが表示されます。
    オブジェクトの横にチェック ボックスが表示されていない場合、そのオブジェクトはインポートに使用できません。 利用可能なオブジェクトのリストに表示されていないオブジェクトをインポートする手順については、インポートのオプションの変更を参照してください。
  3. データベース オブジェクトをインポートしない場合は、その横にあるチェック ボックスをクリアします。
    親レベルのチェック ボックスをクリアすると、自動的に子レベルのチェック ボックスがすべてクリアされます。 同じ子レベルにあるチェック ボックスは、個別に選択できます。
  4. (オプション)今後のインポート操作に備えて、インポート オプションを保存します。
  5. (オプション)をクリックすると、インポート操作が開始されます。