17.10 - 情報のインポート - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
指定されている.mcfファイルに関連付けられている情報をデータベースにインポートするには、コマンド ライン インターフェースを使用します。要求された情報がファイル内で入手できない場合、このスイッチは無視されます。
  1. インポートを実行するには、次のコマンド構文を使用します。
    tset [-icf <commandfile>]|
         [[-c|-l] <DSN_or_tdpid>\<username>\<password>
          [-am <Authentication Mechanism>\<Authentication Parameter>]
          [-scs <Session characterset>]
          [-i <importfile>
        [-tardbql <targetDBQLName>]
          [-d -s -r -p -o -g -w -e -q -m]
          [lsr]
          [-xapp]]

    次の例は、コマンド ラインからのインポート方法を示します。

    構文例 説明
    tset -l test\dbc\dbc -i prod.mcf prod.mcfファイルで入手可能なすべての情報を、testというデータベース システムにインポートします。
    tset -c test -i cost.mcf -o -xapp cost.mcfファイルからtestというデータベース システムにコスト パラメータをインポートします。インポートが完了した後も、アプリケーションは開いたままになります。
    tset -c prod\dbc -i <importfile> -tardbql dbqatxml -q 指定したターゲットDBQLデータベースDBQATXMLに、インポート ファイルで利用可能なDBQL XMLプランをインポートします。