17.10 - インポート情報の編集 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
検索などのWindowsの編集コマンドをインポートウィンドウで使用し、テキストやテーブルを編集できます。 編集は、インポートウィンドウの右枠で実行します。
編集可能は情報は、次のとおりです。
  • コスト パラメータとDBS制御情報
  • オブジェクト定義
  • RAS
  • 統計
  • コスト プロファイル
  1. インポートウィンドウの左側のペインで編集するオブジェクトを選択します。
    右側のペインに対応する情報が表示されます。
  2. をクリックします。
  3. 次のいずれかを実行して情報を編集します。
    • 情報を編集するためには、右枠で目的の情報をダブルクリックします。
      • 統計
      • RAS
      • コスト パラメータ
      • DBS制御情報
      • コスト プロファイル
    • オブジェクト定義情報内をクリックすると、直接オブジェクト定義を編集できます。
  4. をクリックします。
  5. (オプション)異なるファイル名で変更を保存するには、変更した情報の保存を参照してください。
  6. (オプション)をクリックすると、インポート操作が開始されます