17.10 - データベース単位のエクスポート - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
データベース単位のエクスポートは、エクスポートごとにデータベース オブジェクトを選択する場合やエクスポートする情報を定義する場合に使用します。
  1. をクリックします。
  2. データベースをクリックします。
  3. ファイル名に、エクスポートされたエミュレーション情報のファイル名を入力します。
    デフォルトでは、ファイル名ボックスには、接続時に指定したターゲット システムの名前が表示されます。データベースへの接続を参照してください。
  4. ファイルを保存するフォルダのパスを指定してからOKをクリックします。

    デフォルトでは、フォルダボックスにはオプションダイアログ ボックスで指定したパスが表示されます。ディレクトリ オプションを参照してください。

  5. 次のいずれかを選択して、エクスポート ソースを定義します。
    選択肢 処理
    データベース全体、またはユーザーからエクスポートのエクスポート 以下のいずれかの操作を行ないます。
    • エクスポート データベースの指定ボックスにデータベースまたはユーザーの名前を入力する
    • をクリックし、エクスポート データベースの指定リストからデータベースまたはユーザーを選択する
    実行プランペインでデータベースがQCDとしてマークされていない場合、またはオブジェクトのリストリストからデータベースが選択されておらず、エクスポート データベースの指定チェック ボックスがクリアされている場合、デフォルトではクエリー キャプチャ データベースチェック ボックスは使用できません。
    各データベース オブジェクトからのエクスポート
    1. オブジェクトのリストペインでオブジェクトを選択します。
    2. 追加をクリックして、オブジェクトを選択されたリストペインに移します。
    3. 必要なすべてのオブジェクトが選択されたリスト枠に揃うまで、前の2つの手順を繰り返します。
    データベース オブジェクトの検索 データベース オブジェクトを検索するには、次の操作を行ないます。
    1. オブジェクトのリストペインでオブジェクトをクリックします。
    2. 選択されたオブジェクトのリストを検索するためには、選択されたリストペインでオブジェクトをクリックします。
    3. オブジェクトの検索をクリックします。
    4. 検索対象フィールドに、オブジェクト名を入力します。
    5. ダイアログ ボックスでその他の検索オプションを選択してから、オブジェクトの検索をクリックします。
    6. 追加をクリックして、オブジェクトを選択されたリストペインに移します。
    選択されたリストペインからオブジェクトを削除するためには、オブジェクトを選択して削除をクリックします。
    複数のデータベースのエクスポート対象としての追加
    1. 次のいずれかの方法によって、エクスポート データベースの指定でデータベースまたはユーザーを指定します。
      • エクスポート データベースの指定ボックスにデータベースまたはユーザーの名前を入力する
      • 参照ボタンをクリックし、エクスポート データベースの指定リストからデータベースまたはユーザーを選択する
    2. 追加をクリックして、オブジェクトを選択されたリストペインに移します。
    追加ボックスでデータベースまたはユーザーを指定した後で、エクスポート データベースの指定ボタンをクリックしないと、エクスポート データベースの指定内に指定されているデータベースだけがエクスポート対象として有効になります。
    複数のクエリー キャプチャ データベースのエクスポート対象としての追加
    1. クエリー キャプチャ データベースチェック ボックスを選択します。
    2. 次のいずれかの方法によって、エクスポート データベースの指定ボックスでクエリー キャプチャ データベースを指定します。
      • エクスポート データベースの指定ボックスにクエリー キャプチャ データベースの名前を入力する
      • 参照ボタンをクリックし、エクスポート データベースの指定リストからクエリー キャプチャ データベースを選択する
    3. 追加をクリックして、オブジェクトを選択されたリストペインに移します。
    クエリー キャプチャ データベースチェック ボックスを選択した後に参照ボタンをクリックすると、クエリー キャプチャ データベース名のみがエクスポート データベースの指定リスト内に表示されます。 クエリー キャプチャ データベースチェック ボックスの選択を解除してから参照ボタンをクリックすると、すべてのデータベース名がエクスポート データベースの指定リスト内に表示されます。 エクスポート データベースの指定ボックスでクエリー キャプチャ データベースを指定した後で、追加ボタンをクリックしないと、エクスポート データベースの指定ボックス内に指定されているクエリー キャプチャ データベースだけがエクスポート対象として有効になります。
  6. (オプション)エクスポート オプションで、必要なチェック ボックスを選択してエクスポート情報を定義します。エクスポート オプションを参照してください。
  7. (オプション)選択しているエクスポート オプションを詳細に定義するためには、オプションをクリックします。
    エクスポート オプションダイアログ ボックスが表示されます。 このダイアログ ボックスで選択できるオプションは、データベース単位のエクスポートダイアログ ボックスのエクスポート オプションで選択した設定によつて決まります。
  8. (オプション)データベースをQCDとしてマークするには、次のように行ないます。
    1. オブジェクトのリスト枠でデータベースの名前を右クリックし、ショートカット メニューを表示します。
    2. QCDとしてマークするをクリックします。


      実行プランにあるエクスポート オプションチェック ボックスは、データベースがQCDとしてマークされている場合のみ選択できます。
  9. (オプション)見積もり時間をクリックすると、エクスポート リクエストの処理にかかる推定時間が表示されます。
  10. エクスポートをクリックすると、エクスポート処理が開始されます。
    エクスポート操作の完了後、エクスポート操作の結果を示すサマリー レポートが表示されます。
    サマリー レポートの表示を参照してください。