17.10 - コスト パラメータのエクスポート オプションの変更 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
コスト パラメータチェック ボックスを選択すると、ターゲット システムから最適化ルーチンの環境コスト パラメータとDBSコントロールの情報がエクスポートされます。 コスト パラメータは、システムGDO(グローバル分散オブジェクト)から獲得されます。
  1. エクスポート ダイアログ ボックスでオプションをクリックします。
    エクスポート オプションダイアログ ボックスが表示されます。
  2. (オプション)コスト タグで、新しいファイル名を入力します。

    デフォルトでは、Teradata Databaseからエクスポートダイアログ ボックスでエクスポート方法を選択したときに入力したファイル名が、コスト タグに表示されています。

  3. 特定の行からコスト データを獲得するには、行の選択をクリックします。
    コスト パラメータのエクスポートダイアログ ボックスが表示されます。
  4. コスト パラメータをエクスポートする方法を選択します。
    オプション 説明
    ソースから獲得 選択している行のコスト パラメータをSystemFE.Opt_Cost_Tableからエクスポートします。

    コスト パラメータと関連するDBS制御情報は、パラメータがターゲット システムから獲得された後にエクスポートされます。

    現在のコストを獲得 コスト パラメータとDBS制御情報をターゲット システムからエクスポートします。

    行は、コスト タグ列で指定されたコスト タグを使用して、SystemFE.Opt_Cost_TableSystemFe.Opt_DBSCtl_Tableに挿入されます。 それらの行は、エクスポート処理が終了した後でSystemFE.Opt_Cost_TableおよびSystemFe.Opt_DBSCtl_Tableから削除されます。

    コストの設定 選択した行にコスト パラメータを設定してエクスポートします。

    このオプションは、SystemFE.Opt_Cost_Table.にエントリが存在する場合にのみ使用でき、システムに対して設定できるコスト パラメータは1つだけです。 このオプションによつて、最適化ルーチンは現行のシステム パラメータを無視して、実行プランの生成時に新しいパラメータを使用します。 このオプションは、DIAGNOSTIC SET COST文と同等の機能を持ちます。

    このオプションは、クエリー単位のエクスポート時にのみ使用できます。コスト パラメータを設定する前に、TLEをオンにしておく必要があります。TLEはシステム パフォーマンスの低下を招く可能性があることに注意してください。TLEの詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理, B035-1142>を参照してください。
  5. OKをクリックします。コスト パラメータのエクスポートダイアログ ボックスが閉じ、エクスポート オプションダイアログ ボックスに戻ります。
  6. OKをクリックしてエクスポート オプションダイアログ ボックスを閉じます。