17.10 - エクスポート オプション - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

このセクショントでは、各チェック ボックスの用途と各オプションの使用方法について説明します。 チェック ボックスは組み合わせて使用することもできます。

エクスポートのダイアログ ボックス(クエリー単位のエクスポートデータベース単位のエクスポート作業負荷単位のエクスポート)にあるエクスポート オプションでチェック ボックスを選択し、ターゲット システムからエクスポートする情報を指定します。選択可能なチェック ボックスは、選択しているエクスポートの種類によって異なります。



クエリー単位でエクスポートし、手動でクエリーを入力するか、ファイルからクエリーをロードする場合、実行プランは、以下に説明するように、実行プランXMLでプランをエクスポートする オプションの設定 (カスタマイズ オプション)、動的プランをエクスポートする (カスタマイズ オプション)、およびデモグラフィックで選択したオプションに従つて獲得され、エクスポートされます。

動的プランをエクスポートする XMLでプランをエクスポートする オプションの設定 実行プラン デモグラフィック 説明
チェックなし チェックあり チェックあり チェックなし XMLのINSERT EXPLAINがQCDデータベース内にプランを獲得し、エクスポート処理後にプランを削除します。
チェックなし チェックなし チェックあり チェックなし DUMP EXPLAINがプランを獲得します。
チェックなし チェックあり、またはチェックなし チェックあり チェックあり INSERT EXPLAINがQCDデータベース内にプランを獲得し、エクスポート処理後にプランを削除します。
チェックあり チェックなし チェックあり 無関係 IPEプランはSystemFE.Opt_XMLPlan_Tableで獲得されます。

QCDプランは、インポート操作時にQCD名ボックスにリストされているデータベースにインポートされます。 DBQLプランは、外部DBQLデータベースにインポートされます。 動的プランは、SystemFE.Opt_XMLPlan_Tableにインポートされます。

実行プランチェック ボックスを選択し、オプションのカスタマイズ時(詳細については、カスタマイズ オプションを参照)にクエリーの最適化によって使用したテーブル データをエクスポートチェック ボックスを選択した場合、クエリーの最適化で使用したテーブル データが獲得されます。

詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理, B035-1142>を参照してください。

オプションをクリックすると(クリックできる場合)、エクスポート オプションダイアログ ボックスが表示されるため、以下のデフォルト設定を変更できます。
  • コスト パラメータ
  • コスト プロファイル
  • デモグラフィック
  • RAS

オプションを定義してからTeradata Setを使用すれば、選択したオプションでエクスポートにかかる時間を予測できます。推定エクスポート時間の表示を参照してください。

各オプションの説明については、次のセクションを参照してください。