17.10 - 推定エクスポート時間の表示 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

エクスポートを定義してから(エクスポート オプションを参照)、Teradata SETを使用してエクスポート操作の実行にかかる時間を見積もることができます。 見積もり時間が長い場合、エクスポート パラメータを定義して操作の実行時間を調整することができます。

見積もり時間機能は、すべてのエクスポート方法で使用できます。特定の権限およびデータベースへの接続が必要です。見積もり時間の権限を参照してください。

  1. 次のいずれかを表示します。
  2. 見積もり時間をクリックします。

    見積もり時間ダイアログ ボックスが開き、エクスポートするオブジェクトごとの見積もり時間とエクスポート操作全体の見積もり時間が表示されます。



  3. 最新の情報に更新をクリックして、各オブジェクトのエクスポートに必要な見積もり時間を表示します。
  4. OKをクリックして見積もり時間ダイアログ ボックスを閉じます。
  5. (オプション)クエリー単位のエクスポートを実行する場合は、次の方法でクエリーの削除や選択しているクエリーの見積もり時間の表示を実行できます。
    1. 選択されたクエリーの下の行を右クリックします。


    2. ショートカット メニューからコマンドを選択します。