17.10 - インポートしたファイルを元に戻す - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

クエリー計画を分析した後、Teradata SETのインポートを元に戻す機能を使用して、不要になったインポート済みの情報を元に戻します(クリーンアップ)。

インポートでは毎回、それぞれに対応する.undoファイルが作成されます。このファイルは、テスト システムのクラッターを防ぐために使用します。 1つの.undoファイルから複数の種類の情報を削除できますが、インポートを元に戻す操作は一度に1つずつ行なわれます。

関連の.undoファイルを使用してオブジェクトをいつたんクリーンアップすると、同じ.undoファイルを使用してこれらのオブジェクトを再度クリーンアップすることはできません。
  1. .undoファイルの作成に使用したのと同じシステムに接続します。データベースへの接続を参照してください。
  2. をクリックします。
  3. .mcfファイルに対応する.undoファイルを選択します。
  4. .undoファイルを選択してからOpen(開く)をクリックします。
  5. 開くをクリックします。
  6. インポートを元に戻すオプションで、データベース内で元に戻す(クリーンアップする)情報のチェック ボックスを選択します。
  7. エラー処理をクリックして、インポートを元に戻す(クリーンアップ)操作中のエラーの処理方法を変更します。

    エラー ハンドリング オプションを参照してください。

  8. インポートを元に戻すをクリックします。
    インポートを元に戻す操作(クリーンアップ)が部分的にしか成功しなかつた場合、エラー メッセージが表示されます。 この場合、操作のログ ファイルを開き、問題を診断します。 詳細は、現在のセッションのログ ファイルの表示を参照してください。
  9. サマリー レポートで結果を表示します。
    サマリー レポートの表示を参照してください。