17.10 - 変更した情報の保存 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
名前を付けて保存の機能を使用して、インポートウィンドウとインポート オプションダイアログ ボックスで行なつた変更を保存できます。 名前を付けて保存の機能では、データベース名の変更と以下に対して行なった変更も保存できます。
  • オブジェクト定義
  • 統計
  • RAS
  • コスト パラメータ
  • DBS制御情報
  • コスト プロファイル
  1. 変更後、をクリックします。
    名前を付けて保存ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. ファイル名ボックスに名前を入力します。
    オリジナルのファイルには、変更を保存できません。
  3. 保存をクリックします。
    新しい.mcfファイルと対応するデータ ファイルが、変更を含む形で作成されます。