外部サーバーの構成とTeradata-TargetConnector間での権限の付与 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.11
Published
2019年12月
Language
日本語
Last Update
2020-04-13
dita:mapPath
ja-JP/fya1571089961130.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
lfq1484661135852
開始する前に、認証メカニズム信頼済みに設定されているTeradataからTeradataへのコネクタについて、次の手順を実行して、プロキシ ユーザーがターゲットTeradata Databaseシステムに存在することを確認します。プロキシ ユーザーは、ターゲット システムでの認証に使用されます。認証メカニズムがTrustedに設定されている場合の、Teradata-Teradata間コネクタへのプロキシ ユーザーの設定を参照してください。
イニシエータ システムで次のステップを完了します。これらは、最初のデプロイ後、およびリモート サーバーの作成時またはアクセス時に適用されますが、バージョンをアップグレードした後は適用されません。
Teradataのコネクタの場合、外部の名前と値のペア(NVP)はForeign Server定義で設定されます。
  • External NVPは、QueryGridコネクタがTeradata QueryGridマネージャによって自身を特定し、構成NVPを取得できるように設定する必要があります。
  • 名前およびロールのマッピングなどの特定の機能にアクセスするために、External NVPをTeradataに設定することができますが、Teradata QueryGridマネージャによって提供される値と競合しないように注意して使用する必要があります。
  • External NVPはLINKおよびVERSIONと呼ばれます。これらはALTER FOREIGN SERVERまたはCREATE FOREIGN SERVERというSQLコマンドを使用して構成されます。詳細については、Teradataコネクタとリンクのプロパティを参照してください。

  1. 開始Teradata Databaseシステムに管理者(例えばdbcなど)としてログオンし、ターゲット サーバー用の許可オブジェクトを作成します。
    CREATE AUTHORIZATION td_server_db.target_server_auth AS DEFINER TRUSTED USER 'proxyuser' PASSWORD 'password';
    td_server_dbデータベースで許可オブジェクトが作成されます。DEFINER 句を使用すると、承認はすべてのユーザーに対してグローバルに使用できるようになります。
  2. td_server_dbデータベースのCREATE SERVERおよびEXECUTE FUNCTION権限を管理者ユーザーに付与します。例:
    GRANT CREATE SERVER ON td_server_db TO dbc;
    GRANT EXECUTE FUNCTION ON TD_SYSFNLIB TO dbc;
  3. 外部サーバーを作成します。
    CREATE FOREIGN SERVER target_server_name
    EXTERNAL SECURITY DEFINER TRUSTED target_server_auth
    USING
    LINK('linkname')
    VERSION ('version')
    DO IMPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGInitiatorImport,
    DO EXPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGInitiatorExport;

    例えば、sdll7100は開始Teradata Databaseシステム、sdll7151はターゲットTeradata Databaseシステムです。

    CREATE FOREIGN SERVER sdll7151_fs
    EXTERNAL SECURITY DEFINER TRUSTED target_server_auth
    USING
    LINK('sdll7100_sdll7151')
    VERSION('active')
    DO IMPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGInitiatorImport,
    DO EXPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGInitiatorExport;
  4. データベースtd_server_dbから、ターゲット サーバーにおけるSELECT権限とINSERT権限を開始エンド ユーザーに付与します。
    GRANT SELECT ON td_server_db.target_server_name to initiating_end_user;
    GRANT INSERT ON td_server_db.target_server_name to initiating_end_user;

    例:

    GRANT SELECT ON td_server_db.sdll7151_fs to sdll7100_user2;
    GRANT INSERT ON td_server_db.sdll7151_fs to sdll7100_user2;