コネクタ診断チェックの実行 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.11
Published
2019年12月
Language
日本語
Last Update
2020-04-13
dita:mapPath
ja-JP/fya1571089961130.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
lfq1484661135852

ターゲット コネクタが使用できるかどうか、および指定したコネクタ プロパティを使用してターゲット システムにアクセスできるかどうかを判断するために、コネクタの診断チェックを実行します。

  1. ファブリックの構成で、ファブリックを選択します。
  2. コネクタタブで、該当するコネクタの横にある""をクリックし、診断チェックを選択します。
  3. コネクタと、関連付けられているファブリックをテストするには、次のいずれかをクリックします。
    • アクティブ
    • 保留中
    必須で、構成する必要があるプロパティが表示されます。
  4. 該当する場合は、コネクタ プロパティの値を設定します。
  5. 実行をクリックします。
    コネクタの診断チェック ウィンドウにテスト結果が表示されます。

    詳細については、コネクタ診断チェックの測定基準を参照してください。