create - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.11
Published
2019年12月
Language
日本語
Last Update
2020-04-13
dita:mapPath
ja-JP/fya1571089961130.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
lfq1484661135852

createメソッドを使用して、ターゲット テーブルを表わす非ネイティブ テーブル(永続または一時)を作成できます。非ネイティブ テーブルの名前がdb.tb1の形式(例ではdefault.nn1)である場合は、永続的な非ネイティブ テーブルが作成されます。非ネイティブ名にデータベースが含まれていない場合は、一時的な非ネイティブ テーブルが作成されます(例ではnn2)。Spark SQLの一時テーブルは、現在のセッション中のみ存在し、データベースに関連付けることはできません。

次の例では、CREATE文を使用して非ネイティブ テーブルを作成するSpark SQLイニシエータを示します。
scala> s1.create("default.nn1","user1.players")

scala> s1.create("nn2","default.test")