エラー処理 - ODBC Driver for Teradata

ODBC Driver for Teradata® ユーザー ガイド

Product
ODBC Driver for Teradata
Release Number
17.20
Published
2022年6月
Language
日本語
Last Update
2022-08-22
dita:mapPath
ja-JP/uqj1639470627591.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/nkw1500504256726.ditaval
dita:id
B035-2526
Product Category
Teradata Tools and Utilities
すべての文字をUnicodeと非Unicodeコード ページの間で変換できるわけではないため、文字がエラー文字に変換される場合があります。エラー文字の詳細については、<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine国際文字セット サポート, B035-1125>の「文字変換」を参照してください。ほとんどの場合、変換エラーは次のデータベース エラーになります。
  • 6706 - 文字列にコード変換できない文字が入っています。
  • 6705 - コード変換処理中に無効な形式の文字列が見つかりました。

エラー文字として“?”が使用されている場合、データベースは変換エラーを検出できません。したがって、変換エラーを回避するには、SQLテキストおよび文字列がセッション文字セット レパートリーと一致している必要があります。