ANSI SQL 1992構文 - ODBC Driver for Teradata

ODBC Driver for Teradata® ユーザー ガイド

Product
ODBC Driver for Teradata
Release Number
17.20
Published
2022年6月
Language
日本語
Last Update
2022-08-22
dita:mapPath
ja-JP/uqj1639470627591.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/nkw1500504256726.ditaval
dita:id
B035-2526
Product Category
Teradata Tools and Utilities

このセクションでは、DATEやTIME定数および以下にリストされている関数など、入力レベルのANSI SQL 1992構文に対するODBC Driver for Teradataのサポート状況について説明します。

構文
EXTRACT() なし
TRIM() スペースおよび0だけを削除します。

TRIMのANSI構文は、Teradata構文のODBC構文とは大きく異なります。

移行:

TRIM関数は、TeradataとANSIモードでは異なった働きをします。Teradataモードでは、TRIMは末尾の空白だけを除去します。ANSIでは、TRIMは先頭および末尾の空白を除去します。

SUBSTRING() SUBSTRINGのANSI構文は、Teradata構文のODBC構文とは大きく異なります。
CAST() なし