SQLColumns - ODBC Driver for Teradata

ODBC Driver for Teradata® ユーザー ガイド

Product
ODBC Driver for Teradata
Release Number
17.20
Published
2022年6月
Language
日本語
Last Update
2022-08-22
dita:mapPath
ja-JP/uqj1639470627591.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/nkw1500504256726.ditaval
dita:id
B035-2526
Product Category
Teradata Tools and Utilities

SQLColumnsは、下表に示すように結果セット内にTeradata固有の列を含みます。

列名 列番号(ODBC 3.X) データ型 コメント
LABEL 19 Varchar (256)

表末の(1)を参照

この列に列ラベル(Teradataタイトル)がある場合はそのラベルを、そうでなければNULLを返します。
FORMAT 20 Varchar(30) 列のTeradata形式またはNULLを返します。
CHAR_TYPE 21 Varchar(30) 文字の型を記述する値を返します。

例: LATIN、KANJI1、UNICODEなど

TDODBC_DATA_TYPE 22 NULL以外のSMALLINT型 ODBC Driver for Teradataで使用される、Teradata ODBC固有のSQLデータ型コード。複数のデータベースの種類で同じ標準ODBC SQL型が使用されている場合は、Teradata ODBC固有のSQLデータ型コードを使用してデータベースの種類を識別することができます。その例については、NUMBERデータ型を参照してください。
(1) EONが有効な場合はVarchar(256)、それ以外の場合はVarchar(60)。