任意のドライバ マネージャのインストール - ODBC Driver for Teradata

ODBC Driver for Teradata® ユーザー ガイド

Product
ODBC Driver for Teradata
Release Number
17.20
Published
2022年6月
Language
日本語
Last Update
2022-08-22
dita:mapPath
ja-JP/uqj1639470627591.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/nkw1500504256726.ditaval
dita:id
B035-2526
Product Category
Teradata Tools and Utilities
  1. 任意のドライバ マネージャを公式Webサイトからダウンロードします。
    Unixで一般に使用されているドライバ マネージャは、iODBCかunixODBCのどちらかです。
    iODBCはAppleのMacオペレーティング システムに採用されており、unixODBCはUnixシステムで広く使われています。
    これらの公式Webサイトを以下に示します。
  2. アプリケーションのビットに応じて、インストール済みのTeradata ODBCドライバのビット(32ビットまたは64ビット)と、インストールするドライバ マネージャのビットを合わせる必要があります。
    1. 一致するビットのマネージャをダウンロードするか、ソースを適切なビットに(通常はCFLAGSの設定で)合わせてコンパイルします。
      ドライバ マネージャの32ビット バージョンと64ビット バージョンをともにインストールしてもかまいません。各バージョンの場所とodbc.iniのデフォルト値は異なっているため、odbcinst.iniで適切に参照する必要があります。
    ヒント: アプリケーションの使用時または接続のテスト時に“ELF”関連のエラーが発生した場合、アプリケーション、ドライバ マネージャ、Teradata ODBCドライバのビットが一致していない可能性があります。

    Unixシステムのファイルのビット数は、通常はシェルで“file”コマンドを実行することで確認できます。必要に応じて、パスを指定してファイル名を渡してください。

  3. ドライバ マネージャをインストールします。
    インストール先によっては、rootアクセス権が必要になります。詳細については、インストールするドライバ マネージャのマニュアルを参照してください。