制限 - ODBC Driver for Teradata

ODBC Driver for Teradata® ユーザー ガイド

Product
ODBC Driver for Teradata
Release Number
17.20
Published
2022年6月
Language
日本語
Last Update
2022-08-22
dita:mapPath
ja-JP/uqj1639470627591.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/nkw1500504256726.ditaval
dita:id
B035-2526
Product Category
Teradata Tools and Utilities
  • ODBC Driver for Teradataは、Unicode ODBCドライバに対してEBCDICセッション文字セットをサポートしていません。WindowsではKANJIEBCDIC5035_0Iがサポートされていることに注意してください。詳細については、セッション文字セットとコード変換DLLを参照してください。
  • UTF8セッション文字セットを使用して固定文字フィールド(C01 CHAR(10)など)を取得する場合、文字をセッション文字セットにコード変換する際に使用されるデータベース エクスポート ファクターが原因で文字が埋め込まれます。すべての文字に対してエクスポート ファクター2を含んでいるUTF16セッション文字セットを使用するか、char()の代わりにvarchar()を使用します。
  • 英語が有効になっているクライアント マシンでは、漢字ユーザーIDおよびパスワードはサポートされません。データベース リリース12以降であり、漢字が有効になっているデータベースで、セッション文字セットがUTF16またはUTF8の場合、英語版PCでも漢字ユーザーIDやパスワードを使用できます。これは、Unicodeデータ ディクショナリの拡張機能です。
  • コード変換中に見つからなかった文字は、エラー文字に置換されます。例えば、日本語版のWindowsマシンでのセッションの場合、文字列“abecedý”では“ý”が“0xfcfc”に変換され、ODBCコード変換での変換エラーが示されます。“ý”は有効なSJIS文字ではありません。<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine国際文字セット サポート, B035-1125>の「変換およびエラーの処理」を参照してください。
  • Unicodeセッション文字セットを使用しているSQLColAttributeメソッドによって、非ASCII文字で記述された部分のある列名などのメタデータをANSIアプリケーションが要求すると、非ASCII文字は、アプリケーション コード ページでエンコードされた文字ではなくUTF8エンコーディングで取得されます。非Unicodeセッション文字セットを使用しているANSIアプリケーションでは、このような問題は生じません。いずれもUnicodeセッション上で実行されている、一部のANSIアプリケーションおよびUnicodeアプリケーションをUnicodeに移植しているときに、問題になる場合があります。回避するためには、従来のSQLColAttributes(末尾に's'が付く)の規則を使用します。
  • 2GBのCLOB列が含まれるテーブルに対してSQLColumnsを呼び出すと、BUFFER_LENGTH列内の値が符号無し整数型にバインドされている場合にオーバーフローするために、エラーが発生することがあります。UTF16セッション文字セットを使用する場合のCLOBの最大サイズは、1GBにすることを推奨します。