概要 - ODBC Driver for Teradata

ODBC Driver for Teradata® ユーザー ガイド

Product
ODBC Driver for Teradata
Release Number
17.20
Published
2022年6月
Language
日本語
Last Update
2022-08-22
dita:mapPath
ja-JP/uqj1639470627591.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/nkw1500504256726.ditaval
dita:id
B035-2526
Product Category
Teradata Tools and Utilities

マルチバージョン サポートは、1つのシステムに複数のドライバ バージョンが同時に共存できるようにする新機能です。次の表に、ODBC Driver for Teradataの一連のインストール シナリオを示します。

インストール シナリオ 既存 インストール 備考
Windowsのアップグレード 14.10.00.00~17.00 17.20 14.10.00.00以降のバージョンをインストールする前に、14.10より前のリリースを削除する必要があります。
UNIXのアップグレード – 付属のセットアップ スクリプト(.setup.sh)を使用 ネイティブ インストーラはtdodbc1620-16.20.00.00をtdodbc1700-17.00.00.00にアップグレード 17.20 ネイティブ インストーラでは、パッケージ名が異なるため、dodbc1510からtdodbc1710にアップグレードすることはできません。
新規インストール N/A 17.20 システムにドライバが存在しない場合は、17.20がインストールされます。
Side-by-side 15.10、16.10、16.20、17.00、17.10のいずれか 17.20 15.10、16.10、16.20、17.00、17.10のいずれかがすでにシステムに存在する場合は、既存のドライバに加えて17.20がインストールされます。

注: Teradataというドライバ名でDSNレス接続を使用している既存のアプリケーションは、16.10のドライバで接続することがあります。16.20以降のドライバで接続するには、16.10をアンインストールしてカスタム ドライバ名を作成するか、別の接続文字列を使用するようにアプリケーションを変更する必要があります。

注: 15.10.01xおよび/または16.10、16.20、17.00、17.20のインストールはすべて共存させることができます。

Side-by-side 16.20以降 15.10および/または16.10 15.10以降がインストールされているシステムに、16.10がインストールされ、その後に16.20、17.00、17.10、または17.20がインストールされます。

注: 15.10および/または16.10、16.20、17.00、17.10、および17.20のインストールはすべて共存させることができます。