SQLGetData - ODBC Driver for Teradata

ODBC Driver for Teradata® ユーザー ガイド

Product
ODBC Driver for Teradata
Release Number
17.20
Published
2022年6月
Language
日本語
Last Update
2022-08-22
dita:mapPath
ja-JP/uqj1639470627591.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/nkw1500504256726.ditaval
dita:id
B035-2526
Product Category
Teradata Tools and Utilities
以下のODBCオプションはSQLGetDataの使用に関連していて、ODBC Driver for Teradataでサポートされています。
  • SQL_GD_ANY_COLUMN
  • SQL_GD_ANY_ORDER
  • SQL_GD_BOUND

次の表にリストされているオプションは、SQLGetData呼び出しでの列の使用方法を指定します。

オプション 説明
SQL_GD_ANY_COLUMN 最後にバインドされた列より前のものも含め、バインドされていないすべての列に対して、SQLGetDataを呼び出すことができます。
SQL_GD_ANY_ORDERも返される場合を除き、列番号の昇順に列を呼び出す必要があります。
SQL_GD_ANY_ORDER バインドされていない列に対して、順序を問わず、SQLGetDataを呼び出すことができます。
SQL_GD_ANY_COLUMNも返される場合を除き、最後にバインドされた列より後の列に対してのみSQLGetDataを呼び出すことができます。
SQL_GD_BOUND バインドされていない列だけでなくバインドされた列に対しても、SQLGetDataを呼び出すことができます。
ドライバは、SQL_GD_ANY_COLUMNも返す場合でなければ、この値を返すことはできません。

ODBCは、最も柔軟なプログラミング モデルと下位互換性を提供するために、LOBでこれらのオプションをサポートしています。