16.20 - 編集別のフィルタの選択 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
フィルタを使用すると、編集されたテーブル データを表示して、データベース内で更新する前に大きなテーブル内の複数の変更を確認したり、レコードとしてまたは後で確認するために変更をグループ化してファイルにエクスポートできます。
  1. 編集したテーブルをテーブル データ グリッドで開き、をクリックします。
  2. 次のオプションを1つ以上チェックして、表示する編集タイプを選択します。
    1. 挿入チェック ボックスを選択して、テーブルに新規に挿入されたデータを含む行を表示します。
    2. 更新チェック ボックスを選択して、データが追加、編集、修正、または削除された行を表示します。
    3. 削除チェック ボックスを選択して、テーブルから削除された行を表示します。
  3. OKをクリックします。