16.20 - SQLの履歴フォーム - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN

SQLの履歴フォームは、履歴の詳細情報を提供します。SQLエディタからSQL 文を実行するか、データ ソース エクスプローラから関数を実行すると、エントリがSQLの履歴リストに追加されます。

履歴には、実行の経過時間、DBMS時間、取り出し時間、データベース サーバー、行数、マクロおよびストアド プロシージャのパラメータ表示、SQL文とSQL文の種類の表示など、各SQL実行に関する詳細な情報が表示されます。
SQL文のパスワードは、SQLの履歴フォームに表示されるときにマスクされます。クエリーを再実行する場合、クエリーを編集してパスワードを再入力する必要があります。

SQLの履歴フォームではデータがグリッド形式で表示され、行またはセルの選択、セルまたは行のコピー、列の並べ替え、行の削除、履歴エントリのメモまたはSQLの編集、列のフィルタ、結果の履歴データの検索、表示の書式設定、およびSQL文の再実行をすることができます。

SQLの履歴は、埋め込まれたDerby Databaseを使用してSQLの履歴エントリを管理します。

フォームを再度開くには、ウィンドウ > ビューの表示 > Teradata SQLの履歴に移動します。

注記列の値をクリックして手動でメモを追加することができます。また、SQLを実行するときにメモの追加を求められるようにすることもできます。SQL処理設定の設定を参照してください。

パラメータ列を除いて、列を昇順または降順に並べ替えることができます。単一の列を並べ替える場合は、マウス ボタンを左クリックします。複数の列を並べ替える場合は、次の点に注意してください。
  • 列は移動したりサイズを変更したりできます。多くの列は折りたたみ可能なヘッダーの下にグループ化されます。
  • 行は番号付きの行ヘッダーをクリックして選択できます。
  • 列の順序、折りたたまれた状態の列、フィルタ、並べ替え、および書式設定は、セッション間で保持されます。
  • フィルタが有効の場合でも、新しく実行されたSQL文の結果は、それがフィルタの条件を満たしているかどうかに関係なく一番上の行として挿入されます。並べ替えが有効な場合、新規エントリは並べ替え順序に従って挿入されます。
  • 結果列には、実行されたSQL操作の概要が含まれています。列セルの内容全体を読み取るには、セルにマウス ポインタを合わせます。エラー結果は、結果のツール チップ表示に赤いテキストで表示されます。次の例は結果の概要のサンプルです。