16.20 - 列データ型の編集(Teradata、Aster) - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
スマート ロード ウィザードでデータをインポートする前に、テーブル列のデータ型を編集することができます。。正確なメニュー オプションは、テーブル タイプおよび列の型によって異なります。
  1. データ型ページで、変更するデータ型の横にある省略記号をクリックします。
  2. タイプで編集する列のデータ型を選択します。残りのオプションは、データ型によって異なります。
  3. この列のデータにNULL値を含めることができる場合は、NULLを含めることができるを選択します。このアクションを実行すると、値は固有でなければならないが選択されている場合に選択が解除されます。
  4. この列のデータを固有の値にする必要がある場合は、値は固有でなければならないを選択します。このアクションはNULLを含めることができるをクリアします。
  5. データ型としてSMALLINTを選択した場合は、ハッシュによる分散を選択して分散キー列を指定することができます。分散キーにハッシュによる分散を使用することは、ファクト テーブルでは必須で、ディメンション テーブルではオプションです。分散キー制約の一部である列を含む結合が最適化されます。
  6. OKをクリックします。