16.20 - データ フィルタによるフィルタ - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
データ フィルタ機能を使用して、テーブル データ エディタにロードされる行数を減らすフィルタ ルールを設定します。
  1. テーブル データ エディタをクリックします。
  2. フィルタで、リストからフィルタ演算子を選択し、有効な値または文字列を入力します。例えば、Column2の値の型がVARCHARで、フィルタを使用して行LIKE product2のみを表示する場合、テーブル データ グリッドが更新されてデータ文字列の値がproduct2のすべての行を表示します。
  3. (オプション)すべてのルールをクリアして新しいフィルタを設定するには、すべてクリアをクリックします。
  4. OKをクリックして、フィルタ ルールに基づいたフィルタ結果を表示します。
    SYSUDTLIBデータベースは、フィルタされたリストに常に表示されます。
  5. 確認するメッセージが表示されたら、OKをクリックします。
    フィルタの結果を再実行する場合は、戻すをクリックし、データ フィルタのフィルタ ルールを変更して、OKをクリックします。これらの手順は、必要に応じて何度でも繰り返すことができます。