16.20 - Hadoop Cloudera接続プロファイル - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
Hadoop Cloudera接続プロファイルを作成する場合、現在のシステム接続セットアップおよびデータ転送のニーズに基づいて異なる接続オプションを選択することができます。Hadoop ClouderaシステムがKerberosレルム内で構成されている場合、Kerberosセキュリティ認証を選択する必要があります。
接続オプション 説明
TDCH ClouderaシステムとTeradataデータベース間でデータを転送します。Teradata Connector for Hadoop(TDCH)を使用すると、Teradata DatabaseとHadoopシステムの間でデータを移動できます。

Impalaインスタンスの手動メタデータ更新が必要です。Cloudera ImpalaドキュメントのREFRESH/INVALIDATE METADATA文を参照してください。

TDCHはTeradata Studio Expressでは使用できません。

SQL-H ClouderaシステムからAsterデータベースにデータを転送します。

Impalaインスタンスの手動メタデータ更新が必要です。Cloudera ImpalaドキュメントのREFRESH/INVALIDATE METADATA文を参照してください。

SQL-HはTeradata Studio Expressでは使用できません。

スマート ローダー

テキスト区切りファイルからHadoopシステムにデータをインポートします。

Hive SQLエディタからSQLを使用してHadoop Clouderaシステムにアクセスします。このオプションでは、Hive JDBCドライバを使用してHadoopシステムにアクセスします。
Impala SQLエディタからSQLを使用してHadoop Clouderaシステムにアクセスします。このオプションでは、Hive Impala JDBCドライバを使用してHadoopシステムにアクセスします。
Presto SQLエディタからSQLを使用してHadoop Clouderaシステムにアクセスします。このオプションでは、Presto JDBCドライバを使用してHadoopシステムにアクセスします。