16.20 - ファイルからのテーブル データのロード(Teradata、Aster) - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
JDBC FastLoadまたはバッチ操作を使用して、入力ファイルからテーブルにデータをロードするには、データ ロード ウィザードを使用します。入力ファイルは、区切り文字付きテキスト ファイルまたはExcelファイルです。テーブルが空でない場合、データ ロード ウィザードは既存のデータを追加または置き換えます。
JDBC FastLoad操作はAsterデータの転送には適用できません。
  1. データ転送パースペクティブを開きます。
  2. データ ソース エクスプローラで、宛先テーブルとしてTeradataまたはAsterテーブルを選択します。
  3. テーブルを右クリックし、データ > データのロードを選択します。
  4. データ転送ウィザードで、ソース タイプとして外部ファイルを選択します。
  5. 起動をクリックします。
  6. 入力ファイルで、インポートするデータを含むファイルのディレクトリ パスと名前を入力します。ファイル システム内のファイルを検索するには、参照をクリックし、ファイルを選択して開くをクリックします。
  7. ファイル タイプで、次のいずれかのオプションを選択します。
    オプション 説明
    区切り記号付きテキスト カンマやセミコロンなどの区切り記号を使用してデータを区切るテキスト ファイル(TXTまたはCSV形式ファイルなど)。
    Excel (.xlsx) ファイル拡張子が.xlsxのMicrosoft Excelファイル。これはHadoopでは使用できません。
    Excel 97-2003 (.xls) ファイル拡張子が.xlsのMicrosoft Excelファイル。これはHadoopでは使用できません。
  8. (オプション)データの最初の行を新規テーブルの列ラベルとして使用するには、先頭行の列ラベルを選択します。
  9. ロードを停止する最大エラー数を選択し、ロード操作が停止するまでに許可される最大エラー数を指定します。
  10. (オプション)ロードの操作中にソースおよび宛先のテーブルをロックするには、テーブルのロックを選択します。
  11. (オプション)ソース ファイル内のデータで宛先ファイルの既存のデータを置き換えるよう指定するには、既存データの置換を選択します。
  12. (オプション)テーブルにNull行を含めるには、Null行を含めるを選択します。
  13. オペレーティング システムの国と言語の設定に基づいて、日付、タイムスタンプ、桁区切り記号、および小数点記号の書式を使用するには、システム ロケールの使用を選択します。形式のプレビューが表示されます。
  14. ファイルのオプションを完了します。例えば、区切り記号付きテキストを選択した場合は、次のフィールドに入力します。
    1. 列の区切り文字で、データの区切りに使用する区切り記号を選択します。
      • カンマ – カンマ(,)を使用して宛先ファイルのデータを区切ります。
      • セミコロン – セミコロン(;)を使用して宛先ファイルのデータを区切ります。
      • スペース – 空白のスペースを使用して宛先ファイルのデータを区切ります。
      • タブ – タブを使用して宛先ファイルのデータを区切ります。
      • 固定幅 – 固定幅列を使用してデータを区切ります。固定幅列で固定列の幅の数値を指定します。
      • I – 垂直バー(I)を挿入してデータを区切ります。
    2. テキスト文字列を区別するために使用する文字列の区切り文字を選択します。オプションには、" (二重引用符)、' (単一引用符)、または「なし」があります。
    3. 行セパレータで、データのインポート元のオペレーティング システムに基づいて次のいずれかのオプションを選択します。このオプションでは、キャリッジ リターン(CR)のみ、ライン フィード(LF)のみ、またはキャリッジ リターンとライン フィード(CRとLF)の両方を持つファイルをインポートできます。
      • Windows OS(CRとLF)
      • Mac OS X v10.0より前(CR)
      • Unix、Linux、Mac OS X v10.0以降(LF)
    4. ファイル エンコーディングで、データのエンコードに使用する文字セットを選択します。オプションは、UTF-8、UTF-16、ISO-8859-1、UTF-16BE、UTF-16LE、US-ASCB、およびCp1252です。
    5. 次の行番号でロードを開始で、ウィザードがデータのロードを開始するテーブルの行番号を入力します。このオプションはHadoopには適用されません。 選択したオプションに基づく入力ファイルのサンプルは、ファイルのオプションの下に表示されます。ファイルのオプション フィールドで選択した値を変更すると、サンプルの行の表示も変更されます。
  15. 終了をクリックします。ウィザードは転送履歴ビューに戻り、ロード操作の成功または失敗に関するレポートが表示されます。詳細メッセージを表示するには、メッセージタブをクリックします。