16.20 - データ ソース エクスプローラのロード環境設定 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
データ ソース エクスプローラのロード環境を使用して、データベースおよびユーザー オブジェクトをロードするための環境設定を構成し、データ ソース エクスプローラ階層表示で表示するフォルダを決定するための設定を行います。
  1. ウィンドウ > 設定を選択します。
  2. Teradataデータツールを展開し、データ ソース エクスプローラのロードを選択します。
  3. ロードするもので、ロードするオブジェクトを選択します。
    オプション 説明
    すべてのデータベースとユーザー 接続されているデータベースのすべてのデータベースとユーザー オブジェクトをロードします。 デフォルトで選択されるオプションです。
    データベースのみ(DBCユーザーを含む) すべてのデータベースとDBCユーザーをロードします。それ以外のユーザー オブジェクトはロードしません。
    データベースのみ(DBCユーザーと自分自身を含む) すべてのデータベース、DBCユーザー、および現在のユーザーをロードします。
    固定領域を持つデータベースとユーザー 固定領域が構成されたすべてのデータベースとユーザーをロードします。
    ユーザー選択(DBCを含む) デフォルトでは読み取り専用です。表示するもので、データベースおよびユーザーを階層表示で表示が選択されていない場合に有効になります。
  4. 表示内容で、表示するフォルダを選択します。
    オプション 説明
    データベースおよびユーザーを階層表示で表示 拡張可能な階層ビューにデータベースおよびユーザー オブジェクトを表示します。 デフォルトで選択されるオプションです。
    データベース インデックスのフォルダを含む インデックス フォルダにインデックス オブジェクトを表示します。 デフォルトで選択されるオプションです。
    マクロ フォルダを含む マクロ フォルダにマクロ オブジェクトを表示します。 デフォルトで選択されるオプションです。
    ストアド プロシージャのフォルダを含む ストアド プロシージャ フォルダにストアド プロシージャ オブジェクトを表示します。
    テーブルのフォルダを含む テーブル フォルダにテーブル オブジェクトを表示します。 デフォルトで選択されるオプションです。
    ユーザー定義関数のフォルダを含む ユーザー定義関数フォルダにユーザー定義関数(UDF)オブジェクトを表示します。 デフォルトで選択されるオプションです。
    ユーザー定義型のフォルダを含む ユーザー定義型フォルダにユーザー定義型(UDT)オブジェクトを表示します。 デフォルトで選択されるオプションです。
    ビューのフォルダを含む ビュー フォルダにビュー オブジェクトを表示します。 デフォルトで選択されるオプションです。
  5. (オプション)表示するすべてのオプションを選択するには、すべて選択をクリックします。
  6. (オプション)選択をクリアするには、すべてクリアをクリックします。
  7. オブジェクト詳細をロードで、次のオプションのいずれか、または両方を選択します。
    オプション 説明
    テーブル領域とジャーナル詳細をロード 選択すると、テーブル情報がデータ ソース エクスプローラでロードされるとき、ロード操作に領域とジャーナル データが含まれます。 このオプションは、デフォルトで選択されています。
    ビューの列のデータ型をロード 選択すると、ビュー情報がデータ ソース エクスプローラでロードされるとき、ロード操作には列のデータ型が含まれます。 このオプションは、デフォルトで選択されています。
  8. (オプション)デフォルトの選択をリセットして復元するには、デフォルトの復元をクリックします。
  9. 変更を適用するには、適用をクリックします。
  10. OKをクリックして、変更を適用し、設定ダイアログを閉じます。データ ソース エクスプローラのデータベースおよびユーザー フォルダが更新され、選択した設定が反映されます。