16.20 - SQLエディタについて - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN

SQLエディタは、実行するためのSQL文を開発するための統合環境を提供します。SQL構文の検証、プロジェクトへのファイルの保存、システム ファイルへのエクスポート、ファイル内のすべてのSQLの実行、または個別の文としてのSQLの実行を行なうことができます。SQLクエリー文を実行する前に、接続プロファイルを指定する必要があります。

SQLエディタは、SQL/DDLファイルを開くとき、またはクエリー開発パースペクティブを選択したときに表示されます。プロジェクト エクスプローラ内のSQL/DDLファイルをダブルクリックして、そのファイルを開きます。


接続プロファイル名
SQLスクリプトを実行するプロファイルを選択します。リストに接続プロファイルの名前を表示するために接続プロファイルに接続する必要はありません。
エディタ作業領域
アクティブなSQL編集ウィンドウが表示されます。この領域に表示されているSQL文は挿入、削除、および変更できます。
SQLが実行されると、エディタに表示されたパスワードはマスクされます。SQLを再実行したい場合、パスワードを入力する必要があります。
接続ステータス インジケータ
選択した接続プロファイルとの接続のステータスが表示されます。緑の接続はアクティブです。
自動コミットの切り替え
選択した場合は、各SQL文が自動コミット モードで送信されます。各SQL文は、COMMIT文で終了する独自のトランザクション内で実行されます。自動コミット モードで実行されたSQL文はロール バックできません。自動コミットがONに設定されている場合は、ツールバーの自動コミット チェック ボックスがオンになっています。自動コミットをOFFにするには、チェック ボックスをオフにします。
最大行数
このエディタで実行されたSQLによって返される最大行数。
SQL実行オプション
実行オプションのリストが表示されます。編集ペインで、個々の文を実行またはすべて実行のクエリー文を選択できます。
SQLエディタのツールバー
SQLを管理および実行するためのツールのセットです。
コンテンツ アシスト
エディタで作成したSQLクエリーの検証、デバッグ、および編集を行うための補助機能を提供します。表示されているタブ幅、色のオプション、行番号、マウスを置いたときの動作など、SQLエディタの外観を変更するには、テキスト エディタ設定(ウィンドウ > 設定 > 一般 > エディタ > テキスト エディタ)を使用します。