16.20 - SQLエディタのツールバー - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN

SQLエディタ ツールバーでは、サポート対象データベース用SQLの管理および実行に役立つ接続プロファイル選択とアクション ボタンを使用できます。

ツールバー項目 説明
接続プロファイル リストから接続プロファイルを選択します。選択したプロファイルが接続されていない場合、はいをクリックして接続することを確認し、接続パスワードを入力して、OKをクリックします。
接続ステータス 選択した接続プロファイルとの接続のステータスが表示されます。緑の接続はアクティブです。
自動コミット 選択した場合は、各SQL文が自動コミット モードで送信されます。各SQL文は、COMMIT文で終了する独自のトランザクション内で実行されます。自動コミット モードで実行されたSQL文はロール バックできません。自動コミットがONに設定されている場合は、ツールバーの自動コミット チェック ボックスがオンになっています。自動コミットをOFFにするには、チェック ボックスをオフにします。
プロファイルの接続 切断された接続プロファイルに接続します。
コミット 自動コミットがオフの場合、コミットを実行します。
ロールバック 自動コミットがオフの場合、ロールバックを実行します。
最大行数 このエディタで実行されるSQLによって返される行の最大数を変更します。
SQL実行オプション 実行オプションのリストが表示されます。選択した個々の文を実行するよう選択したり、編集ペインでクエリー文をすべて実行するよう選択したりできます。
実行中の文をキャンセル 実行中のSQL要求をアボートします。
保存オプション SQLファイルをプロジェクトに保存するか、ファイルをファイル システムにエクスポートします。
結果をファイルにエクスポート オンに切り替えると、SQL結果を結果セット ビューアに表示する代わりにファイルにエクスポートします。
データを揮発性テーブルにインポート 外部データを揮発性テーブルにロードします。
クエリーのクリア エディタで表示されるSQLをクリアします。
SQLエディタの名前を変更 エディタの名前を変更します。
関連する結果セットを表示 このエディタによって作成された結果セットを表示します。
ストリング置換 オンに切り替えた場合、SQLエディタでパラメータの直接文字列置換を実行します。SQLが実行されると、ユーザーがクエリーで指定されたパラメータの置換文字列を入力するためのダイアログ ボックスが表示されます。Teradata DatabaseとAster 6以降のシステムの機能であり、Hadoopでは表示されません。
新規SQLエディタ 新規SQLエディタを開きます。このアクションでは、現在のエディタは閉じられません。これにより、複数のエディタを並行して使用できます。
SQLエディタの設定 SQL処理設定ダイアログボックスを開きます。