16.20 - ビュー - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN

システムでは複数のビューとツールが提供されています。これらを使用してTeradataサポート対象のデータベースの調査、発見、および管理、SQLクエリーの開発と実行、データベース間のデータ転送が可能になります。

ビューの多くは、パースペクティブでタブ付きペインとして表示されます。すべてのビューがすべてのパースペクティブに適用されるわけではありません。次の表に、システムでより一般的に使用されるビューを示します。一部のビューについては、以降で詳しく説明します。

ビュー 説明
データ ソース エクスプローラ クエリー開発パースペクティブとデータ転送パースペクティブにデータベース オブジェクト ツリー表示が含まれています。Teradata Databaseシステムへの接続プロファイルを作成し、データベース オブジェクトと対話できます。
プロジェクト エクスプローラ プロジェクトの階層ビューと、そのリソース ファイルを提供します。編集するSQLファイルを選択することも、新規SQLファイルを作成することもできます。
詳細/フォーム 選択したデータベース オブジェクトに関する特定の詳細を表示し、作成または変更を可能にします。
データ ラボ Teradataデータ ラボからのテーブルへのアクセスを提供します。
SQLエディタ SQLファイルを開くと表示されます。最初にSQLエディタが開き、SQL文を入力するための領域が提供されます。プロジェクト エクスプローラ内でファイルをダブルクリックすると、ファイルがSQLエディタ ビュー内に開きます。
Teradata SQLの履歴 SQLエディタから発行されたSQLクエリーのリストを保持します。これによってSQLクエリーを再実行できます。
Teradata結果セット ビューア SQLエディタ ビューから発行されたSQLクエリーによって返される結果セットを表示します。結果セットごとに結果セット タブが個別に作成されます。

OUTまたはINOUTパラメータを持つストアド プロシージャへの呼び出しが実行されると、パラメータの出力値を含む結果セット ビューアにタブが表示されます。

転送履歴 データベース内のデータ転送履歴情報の表示を提供します。 データ転送が完了すると、エントリは転送履歴に置かれます。
転送の進行状況 実行中のデータ転送ジョブおよびそのステータスのリストを表示します。