16.20 - Blobエディタ - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN

バイナリ ラージ オブジェクト(BLOB)を含むデータベース テーブルを確認および編集するには、テーブル データ エディタを使用します。 BLOBは、データベース管理システム(DBMS)に単一エンティティとして格納されているバイナリ データのコレクションです。BLOBは通常、イメージ、オーディオ、またはその他のマルチメディア オブジェクトですが、バイナリ実行可能コードがBLOBとして格納されることもあります。BlobエディタでBLOBを編集する必要があります。

Blobエディタは、データベースに保存されている選択されたバイナリ ラージ オブジェクト(BLOB)に含まれるバイナリ データを表示します。BLOB内のデータは、次の方法で編集できます。
  • バイナリ データの挿入
  • バイナリ データの削除
  • オブジェクト内のバイナリ データのクリア
  • ファイルからのバイナリ データのインポート
  • オブジェクト内のバイナリ データのエクスポート
BLOBデータ オブジェクトは、次の3つの方法のいずれかで表わすことができます。
  • BLOBハンドル - データベース内のBLOBデータのハンドル。
  • データのスニペット - 編集する、またはセルに挿入するテキスト スニペット。
  • ファイル名 - 64kを超えるデータ オブジェクトの場合は、データを含むファイル名。このファイル内のデータを編集したり、このファイルにデータを挿入したりできます。64kを超えるBLOBデータはBlobエディタで編集できません。