16.20 - データ ラボ ビューについて - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN

データ ラボ ビューを使用すると、Teradataデータ ラボからテーブルにアクセスできます。これは、子データ ラボを含むデータ ラボ グループの階層を示すツリー ビューです。階層内では、1つのデータ ラボに複数のテーブルが子として対応しています。このビューからデータ ラボにデータをコピー、ロード、およびエクスポートできます。データ ラボ ビューでは、スマート ロード ウィザードを使用して、外部ファイル データから派生したテーブルを作成することもできます。

プロファイルの選択
接続プロファイルのリストにアクセスできます。リスト内でプロファイルを選択する前に、このプロファイルに接続しておく必要があります。選択したプロファイル名の横にTeradata Databaseのバージョンが表示されます。
ラボ グループ
データ ラボの領域はラボ グループによって割り当てられます。ラボ グループは、個人、職務、部門、または地域など、ラボの目的に合わせて編成できます。 グループは、親グループの下の拡張可能なビューに、子データ ラボを含む階層として表示されます。
データ ラボからアクセスできるテーブル
テーブルはデータ ラボ グループの子データ ラボとして表示されます。