16.20 - 外部ファイルへのテーブルデータのエクスポート - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
データベース テーブルを選択し、そのテーブル内のデータをファイル システム内のTXT、CSV、XSL、またはXSLXファイルにエクスポートできます。
  1. データ ソース エクスプローラで、データをファイルにエクスポートするためのソース テーブルとして使用するテーブル オブジェクトを選択します。
  2. 選択したテーブル オブジェクトを右クリックし、データ > データをエクスポートを選択します。
  3. データ転送ウィザードで、宛先タイプとして外部ファイル(FastExport)を選択します。
  4. テーブル データのエクスポート設定を指定します。
    1. 出力ファイルでは、データを受信するファイルの名前と、ファイルシステム内のその場所へのサーバーパスを指定します。既存のファイルを検索するには、参照をクリックし、ファイル システムに移動してファイルを選択します。
    2. ファイル タイプを選択します。
    3. 先頭行の列ラベルの選択チェック ボックスをオンにすると、エクスポート ファイル内のデータの最初の行に列ラベルとして書き込まれるテーブル内の列ヘッダーが取得されます。
    4. ドロップダウンメニューから列の区切り文字を選択します。
    5. (オプション)ドロップダウンメニューから文字列の区切り文字を選択します。
    6. (オプション)ドロップダウンメニューからファイル エンコーディングのタイプを選択します。
  5. 完了をクリックします。