16.20 - SQLエディタ テンプレート - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
SQLエディタでSQL文を作成するためのSQLテンプレートが、次の3つの方法で提供されます:
  • SQLを生成オプション — テーブル用のSELECT、INSERT、UPDATE、およびDELETE文テンプレート。SQLを生成オプションは、データ ソース エクスプローラのテーブル オブジェクトを右クリックすると、クエリー開発パースペクティブから使用できます。
  • コンテンツ アシスト テンプレート — SQLエディタへのSQL文のインコンテキスト挿入。SQLテンプレートを呼び出すには、サポートが必要なSQLテキストのポイントにカーソルを置き、CNTL+SPACEを入力します。
  • Aster分析関数用テンプレート ビューSQLエディタにドラッグ アンド ドロップできる関数テンプレートのリストを表示するAster専用ビュー。

コンテンツ アシスト メカニズムによって提供されるテンプレートは、DELETEINSERTSELECTUPDATEなどのデータ操作言語(DML)タイプのSQL文の作成に役立ちます。 テンプレート変数では、変数間のタブ付けがサポートされています。 テンプレート変数はリンクされ、これによりtablename1などの変数の1つの出現箇所を変更し、そのテンプレート内の同じ変数のすべての出現箇所を自動的に変更できます。 コンテンツ アシスト選択リストには、テキストでのカーソル挿入ポイントでSQLを作成する際に使用できるすべてのSQLテンプレートが含まれます。