16.20 - SQLフォーマッタ設定 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
ウィンドウ > 設定 > Teradataデータツール > SQLフォーマッタ に移動してこの設定ページにアクセスし、SQLテキストのTeradataフォーマット ストラテジを制御するオプションを設定します。
主なオプション 説明
キーワードの大文字/小文字の区別オプション 次のサブオプションを使用して、キーワードをフォーマットする方法を指定します。
大文字 すべてのキーワードを大文字に変換します。
小文字 すべてのキーワードを小文字に変換します。
大文字で始まる 最初の文字のみを大文字に変換します。キーワードのその他の部分は小文字です。
そのまま キーワードはそのまま変わりません。
識別子の大文字/小文字の区別オプション 次のサブ オプションを使用して、識別子をフォーマットする方法を指定します。
大文字 すべての識別子を大文字に変換します。
小文字 すべての識別子を小文字に変換します。
大文字で始まる 最初の文字のみを大文字に変換します。識別子のその他の部分は小文字です。
そのまま 識別子はそのまま変わりません。
スタッキング リストのオプション Selectリスト、Fromリスト、Order Byリスト、Group Byリスト、Parametersリスト、およびColumnの定義リストなど、リストを調整する方法を選択します。リストに単一のアイテムのみが存在する場合、フォーマッタではそのアイテムがオプションに関係なく、常にコンテキスト キーワードと同じ行に置かれます。
同じ行 リスト アイテムをすべて同じ行に置きます。
カンマの後に改行 カンマの後に改行を置きます。
カンマの前に改行 カンマの前に改行を置きます。
カンマの前に改行、後にスペース カンマの前に改行を置き、カンマの後にスペースを追加します。
そのまま リストはそのまま変わりません。
インデント オプション インデント タイプ インデントにスペースまたはタブを使用するかどうかを指定します。
スペース サイズ スペースのインデントのサイズを指定します。 値は0から9までである必要があります。 タブがインデント オプションに選択された場合、タブ サイズを全般 > エディタ > テキスト エディタ設定ページ(タブ幅が表示)で指定されます。
WHERE句の区切りオプション WHERE句のANDおよびOR要素を別の行または同じ行に置くかどうかを指定します。
改行とインデント インデント レベルの新規行にANDおよびOR要素のリストを置きます。
同じ行 ANDおよびOR要素のリストを同じ行に置きます。