16.20 - 複数の結果セット ツールバー - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
アイコン オプション 説明
設定 クリックして「結果セット ビューア設定」ページを開きます。
SQLの表示 クリックしてSQL文を表示するダイアログを開きます。
結果タブの名前変更 クリックして結果タブの名前を変更するダイアログを開きます。
グループ結果タブの名前変更 タブ表示モードでグループ結果タブの1つを選択します。タブを右クリックしてグループ結果の名前変更タブ メニュー オプションを選択します。
テキストまたはグリッドの表示 クリックして結果セットのデータ表示をグリッドとテキスト間で切り替えます。 デフォルトはグリッドです。
サッシまたはタブ表示 クリックして複数の結果セット表示をタブフォルダと横並びのサッシフレームワーク間で切り替えます。デフォルトはタブフォルダです。をクリックしてサッシ フレームワークから結果セットを削除することができます。
結果セットをサッシ フレームワークに表示する場合、エクスポート、保存または印刷オプションに単一の結果セットを選択することはできません。
結果セットのピン留め クリックして結果セットをピンで留めます。ピンで留められた結果セットは、すべてクリア アクションでは閉じられません。ピンで留められた結果セットは手動で閉じる必要があります。
結果セット リストの更新 クリックしてすべての削除された結果セットを更新します。
保存 クリックしてEclipse結果の保管ダイアログを開きます。ここでは、プロジェクト、ファイル名、ファイル タイプ、およびエクスポート オプションを選択したり、選択した結果セットをワークスペース内のファイルに保存することができます。
結果セットをサッシ フレームワークに表示する場合、このオプションは使用できません。
すべて保存 クリックしてEclipse結果の保管ダイアログを開きます。ここでは、プロジェクト、ファイル名、ファイル タイプ、およびエクスポート オプションを選択したり、すべての結果セットをワークスペース内のファイルに保存することができます。次のSQLエディタ メニュー オプションを使用して複数のSQL文を一度で実行するときは、このオプションが有効です: すべて実行、選択したテキストを実行 (および複数のSQL文を選択)、または選択したテキストを1つの文として実行。
エクスポート クリックしてEclipse結果のエクスポート ダイアログを開きます。ここでは、ファイル名、フォーマット、およびエクスポート オプションを選択したり、選択した結果セットを外部ファイルにエクスポートすることができます。結果セットをサッシ フレームワークに表示する場合、このオプションは使用できません。
すべてエクスポート クリックしてEclipse結果のエクスポート ダイアログを開きます。ここでは、ファイル名、フォーマット、およびエクスポート オプションを選択したり、すべての結果セットを外部ファイルにエクスポートすることができます。次のSQLエディタ メニュー オプションを使用して複数のSQL文を一度で実行するときは、このオプションが有効です: すべて実行、選択したテキストを実行 (および複数のSQL文を選択)、または選択したテキストを1つの文として実行。
印刷 クリックしてEclipse印刷ダイアログを開きます。ここでは、選択した結果セットを印刷するためのプリンタ、ページ範囲、および印刷部数を選択することができます。 結果セットをサッシ フレームワークに表示する場合、このボタンは無効になります。
すべて印刷 クリックしてEclipse印刷ダイアログを開きます。ここでは、すべての結果セットを印刷するためのプリンタ、ページ範囲、および印刷部数を選択することができます。次のSQLエディタ メニュー オプションを使用して複数のSQL文を一度で実行するときは、このオプションが有効です: すべて実行、選択したテキストを実行 (および複数のSQL文を選択)、または選択したテキストを1つの文として実行。
合計の追加 クリックして数値型列の合計値を追加します。