16.20 - データ ラボ コピー ウィザードについて - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
データ ラボ ビューでは、データ ソース エクスプローラからテーブル オブジェクトをドラッグ アンド ドロップすることができます。テーブルをデータ ラボ ビューにドロップすると、データ ラボ コピー ウィザードが開きます。
Teradata Studio Expressには、コピー ウィザードがありません。

ウィザードを使用すると、データ ラボにコピーする列およびデータを決定するデータ フィルタを指定できます。テーブルのロック オプションを使用して、データを転送している間にテーブルをロックすることもできます。

コピー ウィザードでは次のダイアログが表示されます。
ダイアログの名前 説明
テーブルのコピー データ ソースと宛先のデータベースおよびテーブル名が表示されます。この画面を使用して、コピー情報が正しいことを確認します。

新規テーブルにコピーする場合は、データのコピー オプションを選択して、新規の宛先テーブルを作成するときにデータをコピーすることができます。空のテーブルを作成するには、このオプションをオフにします。

データ ラボの既存のテーブルにコピーする場合は、既存のデータにデータを追加するのか、それともすべての既存データをソース テーブルのデータで置き換えるのかを指定する必要があります。

テーブルのフィルタ データ ラボ テーブルにコピーするソース テーブル内の列を選択できます。列を選択した後に、この列内のコピーするデータを指定して、コピー操作を調整できます。デフォルトでは、すべてのデータが転送されます。
SQLプレビュー フィルタ テーブル ソース テーブルをデータ ラボにコピーする生成済みのデータ定義言語(DDL)スクリプトが表示されます。コピー ジョブを実行するには、終了をクリックします。