16.20 - SQL履歴ツールバー - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN

SQLの履歴ツールバーには、SQLの履歴ビューと履歴レコードの表示を管理するために使用できるアイコンおよびメニューが含まれています。ビューからレコードを削除するだけでなく、行の削除すべての履歴の削除などのアクションを実行した場合も、SQLの履歴データベースのレコードが削除されます。

ツールバー アクション

アイコン オプション 説明
選択した行の削除 ビューおよび履歴データベースから選択した行を削除します。
履歴表示のフィルタ 表示をフィルタするダイアログ ボックスを開きます。
履歴のエクスポート 履歴ビューのアイテムをXMLファイルにエクスポートするダイアログ ボックスを開きます。
履歴のインポート 以前にエクスポートされたXML履歴ファイルまたはSQL Assistantの履歴ファイルから履歴アイテムをインポートするダイアログ ボックスを開きます。
履歴のクリーンアップ 選択した基準に基づいてSQLの履歴レコードをクリーン アップするダイアログ ボックスを開きます。
履歴ビューの書式設定 表示を書式設定することができます。 プラットフォーム固有のフォント ダイアログ ボックスでは、フォント、サイズ、および色を(ほとんどのプラットフォームで)選択できます。
履歴表示の並べ替え 複数列の並べ替えを設定するダイアログ ボックスを開きます。

ツールバーのメニュー オプション

アイコン オプション 説明
選択した行の削除 ビューおよび履歴データベースから選択した行を削除します。
履歴のエクスポート 履歴ビューのアイテムをXMLファイルにエクスポートするダイアログ ボックスを開きます。
履歴のインポート 以前にエクスポートされたXML履歴ファイルまたはSQL Assistantの履歴ファイルから履歴アイテムをインポートするダイアログ ボックスを開きます。
履歴のクリーンアップ 選択した基準に基づいてSQLの履歴レコードをクリーン アップするダイアログ ボックスを開きます。
フィルタのクリア 現在のフィルタを表示から削除します。
フィルタ 表示をフィルタするダイアログ ボックスを開きます。
履歴ビューの書式設定 表示を書式設定することができます。 プラットフォーム固有のフォント ダイアログが表示され、フォント、サイズ、色を選択できます(ほとんどのプラットフォームで)。
複数の列を並べ替える 複数列の並べ替えを設定するダイアログ ボックスを開きます。

コンテキスト メニュー オプション

アイコン オプション 説明
検索 SQLの履歴ビューの値を検索します。
次の検索 履歴ビューで次の一致する値を検索します。
  行のコピー 選択した行をコピーします。 行はテキストおよびHTMLとしてコピーされます。 HTML表示は列見出しを保存します。 貼り付ける先によって、テキストとHTMLのどちらを表示するかが決まります。
セルのコピー セル データをクリップボードにコピーします。
行の削除 ビューおよび履歴データベースから選択した行を削除します。
  SQLの編集 SQLエディタのSQL文列で選択されたセルからSQLを編集します。
  注記の編集 注記列で選択されたセルからメモを編集します。
  文の再実行 SQL文列で選択されたセルからSQLを再実行します。