16.20 - SQLの実行 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
Teradata Studioには、TeradataシステムでSQL操作を実行するための以下の方法があります。
  • SQLエディタでは、SQL文を定義し、実行することができます。SQLエディタからSQL文を実行する方法に関する詳細については、「SQLエディタの使用」トピックを参照してください。
  • 実行構成では、実行メニューと実行ツールバー ボタンから実行できる操作を定義できます。実行構成の指定方法と実行方法の詳細については、「実行メニューとツールバーからのSQLの実行」トピックを参照してください。
  • データベース オブジェクトの実行 - いくつかのタイプのオブジェクトは、データ ソース エクスプローラから「実行」できます。詳細については、次のセクションを参照してください。

データベース オブジェクトの実行

データベースで操作を実行するもう1つの方法は、データ ソース エクスプローラツリーで特定のオブジェクトを右クリックしたときに表示されるポップアップ メニューの実行メニュー項目を使用することです。

データ ソース エクスプローラから実行可能なオブジェクトのタイプは次のとおりです(実行の選択結果が続きます)。
  • ストアド プロシージャ - プロシージャのパラメータが指定されるパラメータの構成ダイアログ ボックスを表示します。ストアド プロシージャは、指定されたパラメータで呼び出されます。呼び出しが完了した後のOUTおよびINOUTパラメータを含むパラメータの値が、SQL結果ビューのパラメータ タブに表示されます。
  • ユーザー定義関数 - プロシージャのパラメータが指定されるパラメータの構成ダイアログ ボックスを表示します。UDFは、指定されたパラメータを持つSELECTEDです。パラメータの値は、SQL結果ビューのパラメータ タブに表示されます。UDFの値は、結果1タブに表示されます。
  • マクロ - プロシージャのパラメータが指定されるパラメータの構成ダイアログ ボックスを表示します。マクロは、指定されたパラメータで実行されます。マクロの結果は、SQL結果ビューの結果タブに表示されます。
  • トリガー - トリガーが実行される操作を実行するSQL文が指定される構成の編集ダイアログ ボックスを表示します。指定されたSQL文が実行され、SQL操作の結果がSQL結果ビューに表示されます。

SQL操作が実行メニュー項目を使用して実行されると、操作の実行方法を指定する起動構成が作成されます。自動的に作成された起動構成を再実行、編集、削除する方法の詳細については、「実行メニューからのSQLの実行」トピックを参照してください。