16.20 - Hadoop接続用のJDBC接続プロパティの追加 - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
次のタスクは、Hive、Impala、またはPresto JDBCドライバーを指定するHadoop Cloudera接続プロファイルに適用されます。
  1. JDBC 接続プロパティで、追加のJDBCプロパティの横にある追加をクリックします。
  2. プロパティの名前を入力し、JDBCタイプを選択します。
  3. OKをクリックします。
  4. プロパティの保存をクリックして、JDBCプロパティを保存します。
  5. 複数のプロパティを追加するには、上記の手順を繰り返します。