16.20 - テーブルからデータ ラボへのコピー - Teradata Studio

Teradata® Studio™ Express ユーザー ガイド

prodname
Teradata Studio
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2042-039K-JPN
ソース テーブルをデータ ソース エクスプローラからドラッグし、それをデータ ラボ ビューにドロップして、Teradataテーブルをデータラボにコピーします。データラボのコピー ウィザードは、テーブルコピーの実行手順を案内します。
Teradata Studio Expressには、コピー ウィザードがありません。
  1. データ ソース エクスプローラで、コピーするテーブル オブジェクトに移動します。
  2. データ ラボ ビューにテーブル オブジェクトをドラッグし、親データ ラボ グループにドロップします。
  3. テーブルのコピーで、ソースおよび宛先の情報が正しいことを確認します。
  4. データ ラボ グループ内にテーブルが存在しない場合は、次のオプションから選択します。
    オプション 説明
    データのコピー ソース テーブル データをデータ ラボ テーブルにコピーします。 空の新規テーブルを作成するには、このオプションの選択を解除します。 ターゲット テーブルが存在する場合は、データ ラボでデータを追加または置換するよう選択します。
    テーブルのロック コピー操作中にテーブルをロックします。テーブルをロックすると、パフォーマンスが低下する可能性があります。
  5. データ ラボ グループ内にテーブルがすでに存在する場合は、次のオプションから選択します。
    オプション 説明
    テーブルのロック コピー操作中にテーブルをロックします。
    既存データの追加 ソース テーブルのデータを宛先テーブル内のデータの末尾に追加します。
    既存データの置換 データ ラボ内のすべての既存データをソース テーブル データで置き換えます。
  6. 次へをクリックします。
  7. テーブルのフィルタでコピーするテーブル列を選択し、フィルタ タイプおよびデータ値を選択して列内のデータをフィルタします。このフィルタにより、COPY操作のSELECT文が作成されます。
  8. 次へをクリックします。
  9. SQLプレビュー フィルタ テーブルで、コピー操作のために生成されたSQLを確認します。
  10. 終了をクリックします。
  11. 転送進行状況ビューでコピー操作の進行状況を監視します。