16.20 - Teradata PTジョブ スクリプトの実行 - Parallel Transporter

Teradata Parallel Transporter クイック スタート ガイド

prodname
Parallel Transporter
vrm_release
16.20
created_date
2018年4月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2501-048K-JPN
実行するTeradata PTジョブ スクリプトは次のとおりです。
DEFINE JOB qstart1
(
  APPLY $INSERT TO OPERATOR ($LOAD)
  SELECT * FROM OPERATOR($FILE_READER);
);

スクリプトは、qstart1.txtとしてクイック スタート サンプル ディレクトリに保存されています。

  • ジョブ スクリプトを実行するためには、コマンド ウィンドウで次のTeradata PTコマンドを実行します。
    tbuild -f qstart1.txt -v jobvars1.txt -j qstart1

    次のような場合に当てはまります。

    -f
    実行するスクリプトの名前: qstart1.txt
    -v
    ジョブ変数ファイルの名前: jobvars1.txt
    これは編集済みのジョブ変数ファイルです。
    -j
    ジョブの名前: qstart1

ターゲット テーブルにデータをロードするtbuildコマンドを実行すると、10行がロードされたことを確認する出力がコンソール上に表示されます。コンソール出力にはDBS 3807警告が含まれる場合があります。このメッセージは無視しても構いません。詳しくは、<Teradata Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>のDDLオペレータの章にあるErrorListオペレータ属性を参照してください。

...
Teradata Parallel Transporter Version 16.20.00.00
Job log: C:\Program Files\Teradata\Client\16.20\Teradata Parallel Transporter\logs\qstart1-32.out
Job id is qstart1-3, running on WUSLK121545-V5X
Teradata Parallel Transporter DataConnector Operator Version 16.20.00.00
Teradata Parallel Transporter Load Operator Version 16.20.00.00
$LOAD: private log specified: loadprivate.log
$FILE_READER: TPT19008 DataConnector Producer operator Instances: 1
$FILE_READER: TPT19003 ECI operator ID: $FILE_READER-6024
$FILE_READER: TPT19222 Operator instance 1 processing file 'flatfile1.dat'.
$LOAD: connecting sessions
$LOAD: preparing target table
$LOAD: entering Acquisition Phase
$LOAD: entering Application Phase
$LOAD: Statistics for Target Table:  'TARGET_EMP_TABLE'
$LOAD: Total Rows Sent To RDBMS:      10
$LOAD: Total Rows Applied:            10
$FILE_READER: TPT19221 Total files processed: 1.
$LOAD: disconnecting sessions
$LOAD: Total processor time used = '0.078789 Second(s)'
$LOAD: Start : Mon Sep 18 23:06:53 2017
$LOAD: End   : Mon Sep 18 23:07:02 2017
Job step MAIN_STEP completed successfully
Job qstart1 completed successfully