16.20 - ターゲット テーブルの作成 - Parallel Transporter

Teradata Parallel Transporter クイック スタート ガイド

prodname
Parallel Transporter
vrm_release
16.20
created_date
2018年4月
category
ユーザー ガイド
featnum
B035-2501-048K-JPN
実行するジョブ スクリプトは次のとおりです。
DEFINE JOB qsetup1
(
  APPLY
     ('DROP TABLE TARGET_EMP_TABLE;')
    ,('DROP TABLE TARGET_EMP_TABLE_LOG;')
    ,('DROP TABLE TARGET_EMP_TABLE_E1;')
    ,('DROP TABLE TARGET_EMP_TABLE_E2;')
    ,('CREATE TABLE TARGET_EMP_TABLE(EMP_ID VARCHAR(10), EMP_NAME VARCHAR(10));')
  TO OPERATOR ($DDL);
);

スクリプトは、qsetup1.txtとしてクイック スタート サンプル ディレクトリに保存されています。

  • ジョブ スクリプトを実行するためには、コマンド ウィンドウで次のTeradata PTコマンドを実行します。
    tbuild -f qsetup1.txt -v jobvars1.txt -j qsetup1

    次のような場合に当てはまります。

    -f
    実行するスクリプトの名前: qsetup1.txt
    -v
    ジョブ変数ファイルの名前: jobvars1.txt
    これは編集済みのジョブ変数ファイルです。
    -j
    ジョブの名前: qsetup1
ターゲット テーブルを作成するtbuildコマンドを実行すると、テーブルが作成されたことを確認する出力がコンソール上に表示されます。コンソール出力にはDBS 3807警告が含まれる場合があります。このメッセージは無視しても構いません。詳しくは、<Teradata Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>のDDLオペレータの章にあるErrorListオペレータ属性を参照してください。