移動スケジュールのオブジェクト ワークフローへの追加 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
ワークフロー中の分析後に移動が実行されるようにスケジュールします。
  1. オブジェクト ワークフロー タブで、ワークフローを選択します。
  2. 移動セクションで、スケジュールをクリックします。
  3. 移動スケジュールの横にあるをクリックします。
  4. 現在スケジュールされている移動ジョブを確認して、移動が進行中でない時間を選択します。
    別の移動と同時に移動をスケジュールすることはできません。
  5. 頻度リストから、間隔を選択します。
  6. 開始リストから、日付と時刻を選択します。
  7. 終了リストで、次のいずれかを選択します。
    オプション 説明
    完了時 スケジュールされたすべての移動が完了するまで、ワークフローが継続します。
    スケジュール時刻 ワークフローは、スケジュールされた時間まで続きます。時間を過ぎた場合は進行中のグループまたはオブジェクトの終了を許可を選択すると、グループまたはオブジェクトが完了するまでワークフローが続行します。これを選択しない場合、後で移動のスケジュールを変更する必要があります。
  8. (オプション)ワーカー数リストから、移動に割り当てるワーカー数を選択します。
  9. Save(保存)をクリックします。