ワークロード グループ スロットルの作成 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
16.50
16.20
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/yqb1520516846011.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
ワークロード グループ スロットルは、Teradata Database 14.10以降で使用できます。
  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、スロットルをクリックします。
  3. ワークロード グループ スロットルの横にあるをクリックします。
  4. 名前を入力します。
  5. (オプション) 説明を入力します。
  6. ワークロードが属する仮想パーティションを選択します(SLES 11システムのみ)。
  7. 利用可能なワークロード ボックスで、ワークロードを1つ以上選択し、をクリックして、それらをこのグループ内のワークロード ボックスに移動します。
  8. Save(保存)をクリックします。
  9. 状態の詳細設定タブをクリックします。
  10. デフォルトの設定の下で、次のいずれかを実行します。
    同時並行性の上限 説明
    無制限 同時並行性の上限で、無制限を選択します。
    制限 遅延を選択し、ボックスに同時並行性の上限数を入力します。
  11. (オプション)状態のデフォルト設定をオーバーライドするには、次の手順を実行します。
    1. 状態名の横にあるをクリックします。
    2. 状態の詳細設定の作成を選択します。
    3. この状態の同時に実行するクエリーを制限しない場合は、同時並行性の上限の下の無制限を選択します。
    4. この状態の同時に実行するクエリーを制限する場合は、遅延を選択し、ボックスに同時並行性の上限の数値を入力します。
    5. OKをクリックします。
  12. Save(保存)をクリックします。